愛犬の健康をお約束…穀物不使用ドッグフード専門店 Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
穀物不使用ドッグフード専門店【Apple Dog(アップルドッグ)】 生物学的に適正なドッグフード
犬にとって生物学的に適正なドッグフードであるOrijen(オリジン)は、カロリーを抑えつつ、犬が本来食べるべき食事を再現。
穀物不使用のドッグフード
アレルギーの犬のための食事
シニア犬とたんぱく質
▼ドライフード(穀物不使用)
オリジン ドッグフード
オリジン 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
アカナ 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
TimberWolf 商品一覧>>
▼グリーントライプ
 ドライフード
(穀物不使用)
TRIPE DRY 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Kia Ora 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
魚のドッグフード
Fish4Dogs 商品一覧 >>
▼ドライフード・缶詰フード
 
(穀物不使用)
ZiwiPeak 商品一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
tripett 犬用缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
愛犬の健康のために
NUTRIPE 犬用缶詰一覧 >>
▼100%ピュアな肉の缶詰
“ PUR ” 犬用缶詰一覧 >>
▼100%新鮮野菜の缶詰
新鮮野菜の缶詰一覧 >>
▼多機能サプリメント
ミッシングリンク・プラス
▼関節が気になる愛犬に
▼シニア犬が健康で活発に!
オリジンシニアをおすすめします

ペットフードオブザイヤー受賞
ドッグフード オリジン パピー
オリジンで最も栄養価が高いフードです。
子犬だけでなく、少食、痩せ気味、運動量の多い成犬にもおすすめです。
すべての子犬は元来肉食です。すなわち、様々な種類の肉を多く含み、同時に炭水化物の量を抑えた食事が最適です。
非常に高いたんぱく質の量と最大限に抑えられた炭水化物、低GI、そして穀類一切不使用のオリジンは、他社の子犬用フードとは全く違うドッグフードです。種類や成犬時の大きさに関らず、あなたの子犬が賢く、健康で強い体に成長するようにサポートすることをお約束します。

さらに進化したオリジン ホールプレイフード
WHOLE PREY FOOD(ホールプレイフード)
丸ごとの魚や家禽が持つ栄養素は、犬が毎日必要とする栄養素と一致しています。このことからオリジンは肉原材料をホールプレイ(丸ごとの獲物)の特別比率で配合しています。
肉 MEAT 7080
犬にとって必須の天然アミノ酸すべてを豊富に供給します。
内臓 ORGAN MEAT 1015
ビタミンA、D、Bなどのビタミン類、鉄分や亜鉛などのミネラルが豊富に含まれます。
食用骨 EDIBLE BONE 1015
骨、骨髄、軟骨は天然ミネラルを完璧なバランスで含有しています。

天然ジュースのスチーム調理(水を加えていません)
オリジンは原材料である新鮮肉、フルーツ、野菜から出て来る栄養たっぷりの天然ジュースでスチーム調理されています。そして新鮮な食材の栄養分と味を損なわないよう、90℃の低温で調理されています。

Orijen オリジンの6つのポイント >>

ドッグフード オリジン パピー
直径約13mmの平丸型です。
粒にバラツキがあります。

オリジン パピー
高たんぱく・超低炭水化物 穀物不使用ドッグフード 
オリジン パピー
WHOLE PREY FOOD
成長期の子犬(6週〜52週)〜妊娠・授乳中の母犬
原産国:カナダ
野生の犬の食事を再現、成長期の子犬が必要とする
栄養価の高いたんぱく質を豊富に供給
オリジン パピーは野生の犬の食事を再現するよう、地元産の放し飼い鶏肉と天然魚、七面鳥、新鮮全卵をふんだんに使用しています。これらの原材料は、毎日新鮮なままの状態(無冷凍・保存料不使用)で自社工場に搬送されています。

オリジン パピーは原材料中80%に、たんぱく質がぎっしり詰まった動物原材料を使用、自然な食事を再現し、成長期の子犬が必要とする栄養価の高いたんぱく質を豊富に供給します。子犬にとって不適正で現代病の原因ともされる穀類を一切使用していません。

また、最高の健康状態をサポートするために、新鮮な天然魚の海産オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を豊富に配合しています。

穀類不使用で超低炭水化物のオリジンは、抗酸化剤のビタミンを供給する栄養豊かなフルーツと野菜を多種使用しています。
また、犬は本能的に草を探し出し摂取します。オリジンはこれを再現するためにマリーゴールドフラワーやペパーミントリーフなどの草原植物を配合しています。

これらの健康的な原材料は、天然の食事というだけでなく、ビタミン、必須ミネラルおよび重要な酵素によって、犬の体内の健康と免疫を増強し保護していく上で大変重要です。また、栄養豊かなカナダ原産植物が犬が元来摂るべき食事を再現、消化管の調子を優しく整えると同時に肝臓の強化やインシュリン値のコントロールを行います。

オリジンは穀物不使用で、一般的なドッグフードによく使用される血糖値を急上昇させる
高 G I 穀類*を含んでいません。

高 G I 穀類*: G I はGlycemic Indexの略。
食後の血糖値の上昇を示す指標のことで、一般的に穀類(トウモロコシ、小麦、米など)は高 G I 食品に分類されます。

G I 値とは、食品の炭水化物を50g摂取した際の血糖値上昇の度合いを、ブドウ糖を100とした場合の相対値で表わしたものです。高 G I 値を持つ高 G I 食品は食後の血糖値を急上昇させます。

高 G I 穀類を多く含むドッグフードによる、食後の血糖値の急上昇を繰り返す食生活は肥満、インスリンの大量分泌によるすい臓の過負担、糖尿病、高脂血症、脳卒中、心筋梗塞などの心臓トラブルなど、命にかかわる重大な病気に発展する可能性があります。

オリジンは低GI原材料を使用
オリジンは高 G I 穀類
*を含まず、ポテトに変わり、さらに生物学的に適正な低GI原材料として豆類が使用されています。
オリジンは穀物不使用により、非常に低い炭水化物量を誇りますが、ゆっくり血流に入り脂肪貯蔵を減少させる低GI原材料を使用することで、肥満対策や血糖値の健康に配慮されています。

オリジンは肉原材料を多く含みマグネシウムをあまり含まないため弱酸性です。犬の健康的な膀胱機能を維持するのに大変適しています。またその他の内臓にとって良い酸性状態を作り出すことができ、体内細菌にとっても有益です。

原材料を読めばお分かり頂けると思います。生物学的に適正なオリジン パピーは子犬がおいしく食べて健康で長生きするために最適なペットフードです。

人間用食材の鶏肉、七面鳥、獲りたて白身魚、新鮮全卵の肉原材料を使用 高たんぱく低炭水化物、穀類不使用のペットフード 天然捕獲した新鮮な魚のオメガ-3必須脂肪酸を含有 特産の新鮮果物、野菜、カナダ原産植物 有機カルシウム、リン、グルコサミンとコンドロイチン
生物学的に適正なオリジンは、地元産の放し飼い鶏肉、七面鳥、天然魚と獲れたて新鮮全卵をふんだんに使用し、可能な限り天然の食事に近づけるように新鮮なままの肉をタンパク質源として使用しています。 高たんぱく質、低炭水化物。オリジンは、犬が元来必要とする栄養素全てが生物学的に適正な成分構成になっております。 海産オメガ3必須脂肪酸(DHA、EPA)は最高の健康状態と輝く皮膚と毛並み作りを栄養面からサポートします。 穀類の代わりに、オリジンは、20%の全てをカナダ原産の野菜と果物から得ています。これらの健康的な原材料は、天然の食事というだけでなく、ビタミン、必須無機質および重要な酵素によって、犬の体内の健康と免疫を増強し保護していく上で大変重要です。 血液と骨格の適切な構成および体液の正確な構成に、ミネラルは最も重要な栄養素です。オリジンは、不適切な硫酸塩あるいは酸化物を排除し、有機的な形式でミネラルを提供しています。十分なカルシウムとリンを含んでいるため、補助食品などで余分に補う必要がありません。

【原材料】 トップ10が動物性原材料です。ポテトに変わり、低G I 原材料の豆類を使用しています。
新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、鶏レバー脂肪、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、 ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、 スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ, サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、 ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム
保存料:ビタミンEとローズマリーで自然保存

使用していません!
全ての穀類(米、コーン、小麦、大麦等)、植物性たんぱく質(グルテン、大豆)、動物副産物、

合成保存料(BHA、BHT、エトキシキンなど)、遺伝子組み換え原材料


【栄養保証】
オリジンは AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)が制定しているあらゆる年齢の犬の栄養基準値を満たした成分構成となっています。

【保証成分】
たんぱく質 38%以上
脂肪 20%以上
炭水化物 20%以下
水分 10%以下
繊維 5%以下
灰分 7.5%以下
カルシウム 1.3%〜1.6%
リン 1.0%〜1.3%
オメガ6 3.0%以上
オメガ3 1.2%以上
DHA 0.6%以上
EPA 0.3%以上
タウリン 0.35%以上
グルコサミン 1500mg/kg以上
コンドロイチン 1200mg/kg以上
微生物 120M cfu/kg
PH 5.5

代謝エネルギー 408kcal/100g
【カナダ原産植物】
チコリー根 700mg/kg
甘草根 500mg/kg
アンジェリカルート 350mg/kg
コロハ 350mg/kg
マリーゴールド花 350mg/kg
スイートフェンネル 350mg/kg
ペパーミント葉 300mg/kg
カモミール花 300mg/kg
タンポポ根 150mg/kg
サマーセイボリー 150mg/kg





健康のための高たんぱく>>
子犬と高たんぱく食>>
与え方>>

【カロリー配分】
オリジンが含有する408kcal/100g中、37%がたんぱく質、19%が果物と野菜、44%が脂肪によるものです。

【栄養分析値】
ビタミン
ビタミンA 16000IU/kg
ビタミンD3 1000IU/kg
ビタミンE 400IU/kg
ビタミンB12 0.5mg/kg
チアミン 55mg/kg
リボフラビン 48mg/kg
ナイアシン 465mg/kg
パントテン酸 50mg/kg
ピリドキシン 40mg/kg
ビオチン 1.05mg/kg
葉酸 5.5mg/kg
コリン 2750mg/kg
アスコルビン酸 55mg/kg
ベータカロテン 0.44mg/kg
アミノ酸
タウリン 0.35%
リジン 2.45%
トリプトファン 0.38%
トレオニン 1.5%
チロシン 0.98%
メチオニン 0.8%
イソロイシン 1.5%
ロイシン 2.9%
バリン   1.85%
アルギニン 2.2%
フェニルアラニン 1.6%
ヒスチジン 0.8%
シスチン 0.35%
ミネラル
ナトリウム 0.4%
塩素 0.64%
カリウム 0.77%
マグネシウム 0.1%
硫黄 0.4%
マンガン 27mg/kg
コバルト 0.47mg/kg
セレン 0.9mg/kg
240mg/kg
亜鉛 200mg/kg
26mg/kg
ヨウ素 1.8mg/kg
※ビタミンの説明:チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ナイアシン(ビタミンB3)
         パントテン酸(ビタミンB
5)、ピリドキシン(ビタミンB6) 

オリジンについてのお問い合せは>>

リニューアル時期は2017年春頃の予定です。リニューアル内容については…お問い合せ>
▼お買い物はこちらから 【サイズを選ぶ】→【個数を選ぶ】→【[カゴに入れる]をクリック】
Orijen Orijen PUPPY FORMULA ALL BREEDS
オリジン パピー
ドッグフード オリジン パピー 成長期の子犬(6週〜52週)〜妊娠・授乳中の母犬
オリジン パピーは生物学的に適正な成分構成となっておりますので、あらゆる種類、サイズの犬、または妊娠中、授乳中の犬にも最適です。
直径約13mmの平丸型です(粒にバラツキがあります)    原産国:カナダ
オリジン パピー  340g  1,188  
税抜価格 : 1,100円  賞味期限:2018年5月25日
オリジン パピー 2.27kg  5,616  
税抜価格 : 5,200円   賞味期限:2017年12月25日
オリジン パピー  6.8kg 13,500  
税抜価格 : 12,500円  賞味期限:2017年12月25日
オリジン パピー  13kg 22,680  
税抜価格 : 21,000円  次回入荷予定日:未確定
※価格は税込価格です。
詳細はこちら>>
【必ずお読みください】
※送料は一律500円です。ただし、北海道・沖縄は900円になります。お買上げ金額が6,800円以上の場合は送料無料です。
※通常、ご注文日の当日発送または翌日発送させていただきますので、発送日の1〜2日後にお届けできます。
 在庫切れの場合は表示をさせていただきますが、ご注文が集中した場合、ご注文のタイミングにより在庫切れになることが
 ございます。在庫切れの場合は、ご注文確認メールとは別に改めて在庫切れのご連絡メールをお送りさせていただきます

※代金引換払い(佐川急便 e-コレクト/現金払い)の場合は、商品到着時に配達員に代金をお支払いください。
 代引手数料は300円です。3,500円以上のご注文は代引手数料は無料です。
▲ページトップへ

オリジン パピー 1日に与える量
オリジンパピーは生物学的に適正な成分構成となっておりますので、あらゆる種類、サイズの犬、または妊娠中、授乳中の犬にも最適です。
子犬の大きさ、環境、年齢、活発さによって食べる量は違います。子犬の体重増減に気を付け、必要に応じて給餌量を加減してください。
1日に2回食事を与え、犬がいつでも飲めるように、ボウルに新鮮できれいな水を常に入れておきましょう。

子犬の体重 成犬時の体重/ 1日に与える量(g)
5kg 10kg 20kg 30kg
2kg 80g 80g 80g 80g
5kg 80g 120g 150g 150g
10kg 120g 320g 240g
15kg 270g 270g
20kg 210g 330g
25kg 300g
30kg 280g
妊娠中の犬 : 25%〜50%増量して与えてください。
授乳中の犬 : フードを常にボウルに入れておき、犬が食べたい時に食べられるようにしてください。
ドッグフードの切り替え方
ドッグフードを変えると、当初は軟便になることがあります。愛犬の消化パターンに急激な変化を与えないように徐々に与えてください。
今まで与えていたフードが9割、オリジンを1割程度にして、徐々にオリジンの割合を高め、1〜2週間かけて切り替えてください。
▲お買い物へ  
▲ページトップへ

オリジン ドッグフードとは
生物学的に適正なドッグフード
オリジン ドッグフード
サービスポイント 送料無料
●お電話、FAXでのご注文も承っております。 詳しくは ≫≫ご注文方法 >>
FAX専用の注文用紙をご用意しています。プリントアウトしてご使用ください ≫≫FAX専用ご注文用紙 >>
  Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
会社概要特定商取引法による表示個人情報の取扱いお問い合せトップページ Copyright 2009 AppleDog All rights reserved.