愛犬の健康をお約束…穀物不使用ドッグフード専門店 Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
穀物不使用ドッグフード専門店【Apple Dog(アップルドッグ)】 生物学的に適正なドッグフード
犬にとって生物学的に適正なドッグフードであるOrijen(オリジン)は、カロリーを抑えつつ、犬が本来食べるべき食事を再現。
穀物不使用のドッグフード
アレルギーの犬のための食事
シニア犬とたんぱく質
▼ドライフード(穀物不使用)
オリジン ドッグフード
オリジン 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
アカナ 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
TimberWolf 商品一覧>>
▼グリーントライプ
 ドライフード
(穀物不使用)
TRIPE DRY 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Kia Ora 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
魚のドッグフード
Fish4Dogs 商品一覧 >>
▼ドライフード・缶詰フード
 
(穀物不使用)
ZiwiPeak 商品一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
tripett 犬用缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
愛犬の健康のために
NUTRIPE 犬用缶詰一覧 >>
▼100%ピュアな肉の缶詰
“ PUR ” 犬用缶詰一覧 >>
▼100%新鮮野菜の缶詰
新鮮野菜の缶詰一覧 >>
▼多機能サプリメント
ミッシングリンク・プラス
▼関節が気になる愛犬に
▼シニア犬が健康で活発に!
オリジンシニアをおすすめします

ペットフードオブザイヤー受賞
オリジン よくある質問
【 オリジンの安心安全について 】
・オリジンはエトキシンを含んでいますか?
・オリジンはメラミンが原因とされるペットフードのリコール事件と関係ありますか?
・何故オリジンの粒の色と形はたまに違うのですか?
・何故オリジンは植物を含有しているのですか?
・オリジンには昆布が含まれていますが、ヨウ素をたくさん含有しているということですか?
・オリジンが使用している肉は人間用食材ですか?
・原材料の「新鮮(fresh)」と「生(Raw)」ではどう違うのですか?
・オリジンに含まれるタウリンの原材料は何ですか?
・鶏肉の生産地はどこですか?
・卵の生産地はどこですか?
・オリジンの新鮮魚の産地はどこですか?
・オリジンの魚は重金属テストを受けていますか?
・オリジンの新鮮魚は天然捕獲ですか、それとも養殖ですか?
・ポテトは健康にいいですか?
・オリジンはビタミンK3(メナジオン)を含有していますか?

【 健康についての質問 】
・オリジンは泌尿器の健康を促進しますか?
・オリジンは肥満の犬や猫に適していますか?
・たんぱく質含有量が多いことで犬と猫が太りすぎになることはありませんか?
・高たんぱく食は腎臓に負担になりませんか?
・オリジンは大型犬子犬や成犬に適していますか?
・高たんぱくと大型犬の関節の健康については?

【 オリジンの製造元であるチャンピオンペットフーズ社についての質問 】
・チャンピオンペットフーズ社はオリジン製品の製造を外注していますか?
・チャンピオンペットフーズ社はオリジン製品を自社工場で製造していますか?
・ペットフードの多くはメーカーが所有も管理もしていない工場で製造されていますが、
 オリジンはどうですか?
・チャンピオンペットフーズ社はペットフードを作り始めて何年経ちますか?
・多国籍ペットフードメーカーとチャンピオンペットフーズ社はどう違うのですか?

【 その他の質問 】
・オリジンは新鮮鶏肉、鶏肉粉、新鮮七面鳥肉、七面鳥粉、新鮮サーモン、サーモン粉のように記載が
 ありますが、肉と粉どう違うのですか?
・保存料、酸化防止剤として何を使用されていますか?
・鶏、七面鳥などの副産物(くちばしや羽、内臓など)は入っていますか?
・人間が食べてもいいものですか?
・シニア用に関して、高たんぱくなのに低カロリーの理由を教えて下さい。
 たんぱく質が 80%なのになぜ低カロリーが可能なのか?
・開封前と開封後の賞味期限を教えて下さい。また開封後は冷凍庫保存でしょうか?
オリジン よくある質問
【 オリジンの安心安全について 】
Q. オリジンはエトキシンを含んでいますか?
A いいえ。オリジンの魚原材料は新鮮なままの状態(無冷凍・保存料不使用)で工場に搬送されます。オリジンが使用している魚粉は魚粉製造業者と直接取引を行い、他社ペットフードでよく使われるエトキシン保存料ではなくビタミンE、クエン酸、ローズマリーエキスで天然保存されるようにしています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンはメラミンが原因とされるペットフードのリコール事件と関係ありますか?
A いいえ。オリジンは植物性たんぱく質(小麦、米、トウモロコシグルテン)を使用していません。また、オリジンに使用されている肉原材料はすべて地元産の新鮮なものです。オリジンのたんぱく質原材料はすべてカナダ国内で生産され、カナダ食品検査庁(CFIA)の基準に適合しています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 何故オリジンの粒の色と形はたまに違うのですか?
A オリジンは地元産の新鮮原材料を小さな釜を使って調理製造している、ナチュラルなペットフードです。このような小さな専門店的製造方法を取っていることから、オリジンの粒のサイズ、色、形には少しバラつきが出ることがあります。
町のパン屋を想像してみてください。町のパン屋では買う都度にパンの味は同じでも形が少し変わっていることがあります。一方、ウォルマートなど大型チェーンスーパーで販売している袋入りパンは、いつ買っても同じ形です。オリジンは町のパン屋のパンと同じなのです。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 何故オリジンは植物を含有しているのですか?
A オリジンはドライペットフードとして出来る限り、野生の犬と猫が食べる自然な食事を再現するよう成分構成されています。植物は犬と猫の自然な食事に含まれ、健康促進に重要な役割を果たします。オリジンが使用している植物は北米の第一線で活躍しているホメオパシー獣医によって厳選されています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンには昆布が含まれていますが、ヨウ素をたくさん含有しているということですか?
A いいえ。オリジンは4.0 mg/kgから6.0 mg/kgの昆布ヨウ素を含有しています。この数値はAAFCOが制定しているヨウ素の最低含有率に近いものです。オリジンが使用している昆布には64のミネラルが生物学的に利用可能な有機形態(オーガニック)で含有されています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンが使用している肉は人間用食材ですか?
A はい。オリジンが使用している肉原材料(鶏肉、魚、七面鳥、卵)はすべて人間用食材です。鶏肉ミール、魚ミール、七面鳥ミールは、副産物や抗生物質などは一切使用せず、カナダの各協会やカナダ食品検査庁(CFIA)に人間用食材として認定を受けた肉のみを使用して製造されています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 原材料の「新鮮(fresh)」と「生(Raw)」ではどう違うのですか?
A 「生(RAW)」とは加工前の未調理の状態で、冷凍か化学保存料(あるいはその両方)を用いて保存されていることを意味します。
「新鮮(fresh)」とは無冷凍で保存料も使用されていないことを意味します。他社ペットフードと違い、オリジンは地元産の新鮮肉が搬送されたその日のうちに加工することにより、ペットの食欲を増進させる風味の良さを実現しています。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンに含まれるタウリンの原材料は何ですか?
A オリジンのキャットフードは保証成分としてタウリンを記載していますが、原材料には記載していません。これは、オリジンが肉(タウリンを自然に含む)を豊富に使用しているため、タウリンをサプリメントとして余分に追加する必要がないからです。他社ペットフードの多くは十分なタウリンを自然なかたち(肉)で含有していないため、タウリン原材料を足さなくてはいけないのです。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 鶏肉の生産地はどこですか?
A アルバータの鶏肉生産業者のもと、穀類で飼育されたアルバータ鶏肉です。人間用食材で、新鮮なままの状態(無冷凍・保存料不使用)で工場に搬送され、その日のうちにオリジン製品として加工されます。オリジンの鶏肉ミールと脂肪はアルバータの人間用食材鶏肉を原材料としています。
オリジンの鶏肉原材料について、こちらをご覧ください。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 卵の生産地はどこですか?
A アルバータの卵生産業者からの卵を使用しています。人間用食材で、新鮮なままの状態(無冷凍・保存料不使用)で工場に搬送され、その日のうちにオリジン製品として加工されます。
オリジンの卵原材料について、こちらをご覧ください。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンの新鮮魚の産地はどこですか?
A オリジンの新鮮魚はすべてアルバータ、サスカチェワン、ウィニペグ、またノースウェスト準州の公害のない北部湖で天然捕獲されています。
オリジンの魚原材料について、こちらをご覧ください。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンの魚は重金属テストを受けていますか?
A はい。オリジンの魚は公害のない北部湖で捕獲されていますが、我々が契約している魚供給業者では重金属と水銀のテストを行い、そのテスト結果を提出してもらっています。オリジンの魚はすべて人間用食材でカナダ政府の1日消費食品規定に適合しています。また、長鎖オメガ3脂肪酸含有量の高さは世界的に見てもトップクラスです。
オリジンの魚原材料について、こちらをご覧ください。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンの新鮮魚は天然捕獲ですか、それとも養殖ですか?
A オリジンが使用している魚はすべてカナダの北部湖か太平洋で天然捕獲されています。 オリジンの魚はカナダの淡水魚産業法人が支持している持続的管理捕獲法を用いて天然捕獲されています。
オリジンの魚原材料について、こちらをご覧ください。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. ポテトは健康にいいですか?
A 現在、ポテトは加工ペットフードの穀類の健康的な代用品として使用されています。オリジンのポテトは低温加工(90℃)され、皮と葉は含まれません。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンはビタミンK3(メナジオン)を含有していますか?
A すべてのチャンピオンペットフーズ社製品はビタミンK3を含有していません。
▲「オリジンの安心安全について」質問集へ  ▲ページトップの質問集へ

【 健康についての質問 】
Q. オリジンは泌尿器の健康を促進しますか?
A はい。オリジンは肉原材料を多く含みマグネシウムをあまり含まないため酸性で、それが健康的な膀胱を促進することになります。
オリジンは約5.0のpHを含有する弱酸性で、犬と猫の健康的な膀胱機能を維持するのに大変適しています。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンは肥満の犬や猫に適していますか?
A はい。オリジンはたんぱく質由来のエネルギーを多く、炭水化物由来のエネルギーを少なくという生物学的に適正なエネルギー配分となっています。
炭水化物は犬と猫の体内で殆ど何の機能も果たさず、血中でブドウ糖に素早く変わる糖分をエネルギーとして供給するのみです。炭水化物含有量が多すぎると(他社ペットフードではありがちですが)、すぐに体内脂肪となります。
たんぱく質は炭水化物と同量のエネルギーを供給しますが、炭水化物とはまったく違う性質を持っています。炭水化物と違い、たんぱく質は生命にとって必須の栄養素です。また、たんぱく質含有量が多すぎても体内脂肪として貯蓄されることはなく、自然に体外排出されます。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. たんぱく質含有量が多いことで犬と猫が太りすぎになることはありませんか?
A いいえ。太りすぎになるどころか、オリジンにはまったく逆の効果があります。オリジンは高たんぱくですので、与え始めて約1ヶ月で犬と猫に引き締まった筋肉がつきます。また、低炭水化物ですので殆どの犬と猫が体脂肪を減らします。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 高たんぱく食は腎臓に負担になりませんか?
A いいえ。高たんぱく食が犬と猫の腎臓に悪影響を与えるという科学的研究結果はまったく存在しません。実際、腎臓機能が低下している、あるいは腎臓を1つしか持っていない犬に高たんぱく食を与えると健康状態が改善されたという科学的研究結果が出ています。
高たんぱく食について、詳しくはこちらをご覧ください。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. オリジンは大型犬子犬や成犬に適していますか?
A はい。大型犬子犬と成犬の食事で最も留意するべき点は、カルシウムとエネルギーを適切な量含有することです。
カルシウム:大型犬にとっての理想的なカルシウム含有量は原材料中1.0から1.4%とされています。カルシウムが乾物中3%を超えると重大な骨格異常を起す傾向があるとされています。また、大型犬用のペットフードを成分構成するとき、カルシウム吸収率を過多な状態まで上げる可能性があるビタミン(ビタミンD)にも注意が必要です。オリジンはこのような点にも細心の注意を払ってカルシウムを含有しています。
エネルギー:毎日の高カロリー食は犬の急激すぎる成長につながります。すると未熟な骨格が重い体重を支えることになり、それが骨格組織へのダメージとなり更にそれが関節の奇形や形成不全となります。 市販ペットフードのエネルギー源は3つあります。たんぱく質、脂肪、そして炭水化物です。オリジンは適度な脂肪、高たんぱく、そして最も重要な点として、炭水化物を殆ど含んでいません。 炭水化物は犬の体内で殆ど何の機能も果たしませんが、体内ですぐ簡単に糖分に変わるため太りすぎの主な原因となります。ペットフードの炭水化物含有量を押さえることが、大型犬も含めてあらゆる犬の健康にとって理想的です。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 高たんぱくと大型犬の関節の健康については?
A グレートデーンの成長についての研究(オランダ)で、たんぱく質含有量は骨格発達において何の影響も及ぼさないことが分りました。高たんぱく食が骨軟骨欠損やホジキン病のリスクを高めることはなく、骨の縦成長にも何ら影響しません。加えて、整形外科的な問題を引き起こすのはたんぱく質ではなく、他の栄養素であることも分っています。
高たんぱく食は関節に悪影響を与えません。しかし、犬に食事を与えすぎることが関節炎や整形外科的な問題の原因となることがあります。関節や整形外科的な問題の殆どは遺伝ですが、加えて子犬や成犬が肥満の場合、痛みや不快感が増し、更に若いときには整形外科的な障害の発症、年を取るにつれて関節炎になる可能性が高くなります。
太りすぎ解消のために肉とたんぱく質よりも繊維を多く与えるように言う栄養士もいますが、それによって栄養の吸収が悪くなり、他の健康問題を引き起こす可能性もあります。
▲「健康についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ

【 オリジンの製造元であるチャンピオンペットフーズ社についての質問 】
Q. チャンピオンペットフーズ社はオリジン製品の製造を外注していますか?
A いいえ。すべてのオリジン製品はカナダ、アルバータ州のモリンヴィルにある自社工場でのみ製造されています。
▲「チャンピオンペットフーズ社についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. チャンピオンペットフーズ社はオリジン製品を自社工場で製造していますか?
A はい。チャンピオンペットフーズ社はアルバータ州のモリンヴィルに世界最高水準の設備を備えた自社工場を所有しており、そこでオリジン製品とアカナ製品を製造しています。
▲「チャンピオンペットフーズ社についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. ペットフードの多くはメーカーが所有も管理もしていない工場で製造されていますが、
オリジンはどうですか?
A オリジンは自社工場でのみ製造され、自社工場以外での製造・袋詰めはまったく行われていません。
▲「チャンピオンペットフーズ社についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. チャンピオンペットフーズ社はペットフードを作り始めて何年経ちますか?
A 1975年以来ですので四半世紀以上です。
▲「チャンピオンペットフーズ社についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 多国籍ペットフードメーカーとチャンピオンペットフーズ社はどう違うのですか?
A チャンピオンペットフーズ社は家族経営のペットフード専門の製造会社です。「地元産新鮮原材料を使った世界最高級のペットフード作り」というはっきりした信念を持ってペットフード作りを行っています。
▲「チャンピオンペットフーズ社についての質問」へ  ▲ページトップの質問集へ

【 その他の質問 】
Q. オリジンは新鮮鶏肉、鶏肉粉、新鮮七面鳥肉、七面鳥粉、新鮮サーモン、サーモン粉のように記載が
ありますが、肉と粉どう違うのですか?
A 新鮮肉と粉(ミール)の大きな違いは水分を多く含んでいるか、含んでいないかの違いです。違いによって犬、猫の摂取する栄養価が違います。
新鮮鶏肉は非常に高い栄養価を持っておりますが、水分が含まれているために損なわれてしまう栄養価もあります。そこで、ミール状にし水分を少なくすることで新鮮肉では摂取できない栄養価を補うことが出来ます。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 保存料、酸化防止剤として何を使用されていますか?
A 原産植物から摂取される天然のビタミンEとローズマリーを天然保存料として使用しています。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 鶏、七面鳥などの副産物(くちばしや羽、内臓など)は入っていますか?
A 使用しておりません。ただし、レバーは副産物ではございませんのでリニューアルを行っている商品には新しい原材料として使用しております。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 人間が食べてもいいものですか?
A 原材料は人間用の食材を使用しております。
オリジンの原材料について、こちらをご覧ください。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. シニア用に関して、高たんぱくなのに低カロリーの理由を教えて下さい。
たんぱく質が 80%なのになぜ低カロリーが可能なのか?
A まず 80%という数値はたんぱく質ではなく、フードに使用されているお肉の含有量です。残りの 20%に野菜、フルーツ、原産植物を使用しドライフードとして形成しております。シニアのたんぱく質は 38%です。
高たんぱくのフードが必ずしも高カロリーであるということはありません。 人間用の食材におきましても、ささみのような高たんぱく低カロリーの食材は存在しており、アスリートや減量を目的とされる方の多くに好まれております。
ヒューマングレードの原材料を使用しているオリジンにおきましても、犬や猫の体を維持していく為に、たんぱく質は実に重要な栄養価となります。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ
Q. 開封前と開封後の賞味期限を教えて下さい。また開封後は冷凍庫保存でしょうか?
A 製造から 15ヶ月が賞味期限となります。パッケージに印字されております『BB』のアルファベットの後の数字が賞味期限となります。
(例)BB17 MAR 10  賞味期限:2010年 3月 17日
以上のようになります。
開封後ですが、新鮮さを保つ為、なるべく早めに消費して下さい。冷蔵庫での保存は結露などの原因となり、フードを傷める可能性がございますので、日の当たらない風通しの良い涼しい場所に保管をお願い致します。
▲「その他の質問」へ  ▲ページトップの質問集へ

オリジン ドッグフード

オリジン ドッグフードとは
生物学的に適正なドッグフード
サービスポイント 送料無料
●お電話、FAXでのご注文も承っております。 詳しくは ≫≫ご注文方法 >>
FAX専用の注文用紙をご用意しています。プリントアウトしてご使用ください ≫≫FAX専用ご注文用紙 >>
  Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
会社概要特定商取引法による表示個人情報の取扱いお問い合せトップページ Copyright 2009 AppleDog All rights reserved.