愛犬の健康をお約束…穀物不使用ドッグフード専門店 Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
穀物不使用ドッグフード専門店【Apple Dog(アップルドッグ)】 ペットフードオブザイヤー賞
犬本来の食事、生物学的に適正なドッグフードOrijen(オリジン)は、他社のフードとは5つの相違点があります。
穀物不使用のドッグフード
アレルギーの犬のための食事
シニア犬とたんぱく質
▼ドライフード(穀物不使用)
オリジン ドッグフード
オリジン 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
アカナ 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
TimberWolf 商品一覧>>
▼グリーントライプ
 ドライフード
(穀物不使用)
TRIPE DRY 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Kia Ora 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
魚のドッグフード
Fish4Dogs 商品一覧 >>
▼ドライフード・缶詰フード
 
(穀物不使用)
ZiwiPeak 商品一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
tripett 犬用缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
愛犬の健康のために
NUTRIPE 犬用缶詰一覧 >>
▼100%ピュアな肉の缶詰
“ PUR ” 犬用缶詰一覧 >>
▼100%新鮮野菜の缶詰
新鮮野菜の缶詰一覧 >>
▼多機能サプリメント
ミッシングリンク・プラス
▼関節が気になる愛犬に
▼シニア犬が健康で活発に!
オリジンシニアをおすすめします

オリジンの定義
「猫と犬の消化器官は何百年もの間変わっていません」
オリジンはペットフードに全く新しい方向性を打ち出しています。
それは、「生物学的に適正」なペットフードです。
「生物学的に適正」なペットフードとは実はシンプルなものです。
犬と猫が本来食べるべき新鮮な食べ物を丸ごと正しい比率と分量で成分に加え、その逆に生物学的に不適正な穀類などは原材料に加えないのです。
オリジン製品は高たんぱく低炭水化物、穀類一切不使用です。肉80%、果物と野菜20%、穀類0%という生物学的に適正な比率で成分構成されています。
オリジンは犬と猫が本能的に選び摂る食事を再現し、自然なかたちで栄養供給するペットフードが本来あるべき究極のかたちです。
※オリジンは2011年より肉類80%にリニューアルされました。

生物学的に適正な食事とは犬と猫の元来の食事を再現しながらも、現代のペットのライフスタイルを考慮してカロリーを低めに抑えたものです。
生物学的に適正なオリジンには他社のペットフードとは5つの相違点があります。

1.新鮮肉を使用した高たんぱく
元来、犬と猫はベジタリアンではありません。犬と猫は高たんぱく低炭水化物の食事に適した体の構成をしており、新鮮な肉を生物学的に必要としているのです。
オリジンは原材料中80%に肉原材料を使用した高たんぱく食、犬と猫の健康と活力に欠かせないアミノ酸を豊富に供給します。
犬と猫の短い消化器官は肉をベースにした高たんぱくの食事に適応しており、たんぱく質を効率よくエネルギー源として使用するように出来ています。
炭水化物は血糖値にマイナスな影響を与え、また脂肪として体内に貯蓄されやすいという性質を持っています。それに比べて、未使用のたんぱく質は基礎代謝エネルギーとして消費され、貯蓄されません。
犬と猫が元来摂るべき食事を再現するために、オリジンは人間用食材の肉を成分総重量の80%に使用しております。穀類で育った新鮮鶏肉、獲りたて白身魚、新鮮全卵などをどの他社製品よりも豊富に使用しております。

2.オリジンは穀類不使用
本来、犬と猫は穀類を食べるように体の構成が出来ていません。
穀類がペットフードに使用され始めたのは今から約70年前です。当時は袋詰めのペットフードという便利さのみが求められたため、製造業者はエネルギー源として安価な炭水化物を使用することによってコストを下げました。
米や小麦などの穀類は確かに安価なエネルギー源となりますが、同時に炭水化物含有量が高く、ペットの肥満、糖尿病その他の健康問題の原因となります。
穀類は炭水化物としてもたんぱく質としても、栄養価が低いものです。
昨今の獣医など専門家は、犬と猫の健康問題の主な原因は穀類と炭水化物であると提唱しています。
現在まだ主流となっている「穀類と炭水化物」メインの他社製品は、「ペットの健康を促進する」というペットフードの最も基本的な目的を失念しているのです。

3.超低炭水化物
犬と猫は生物学的に炭水化物を必要としていないにも関らず、市販のいわゆる「スーパープレミアム」と名付けられたペットフードのほとんどが、成分の50%以上に炭水化物を使用しています。
猫や犬の体内では炭水化物は糖分として認識され、脂肪として貯蓄されます。また、炭水化物はペットのさまざまな健康問題と深い関わりがあります。獣医などの専門家が炭水化物を主成分としたペットフードの適正を疑問視しているのはこのためです。
高炭水化物のペットフードに含まれるでんぷんは血糖値を不安定にし、またインシュリン耐性を引き起こします。
穀類は安価で入手しやすく、ペットフードへの加工も簡単です。このため市販されているペットフードの殆どが複数の穀類原材料を含み、またその使用量も原材料中50%を超えています。
それとは対照的に、生物学的に適正なオリジンは穀類を一切使用しておりません。肥満、インシュリン耐性、糖尿病を緩和するために炭水化物含有量を最小限に抑えております。

4.果物と野菜
オリジンは穀類の代わりに、健康促進に重要なビタミン、ミネラル、植物化学物質を豊富に含んだヘルシーな果物と野菜を使用しています。
オリジンはポテト、トマト、ニンジン、昆布、ほうれん草、クロフサスグリ、クランベリー、リンゴを含有しています。
果物と野菜を成分の5%程度しか使用していないにも関らず「完全食」と謳っているペットフードとは違い、オリジンは成分の実に20%にこれらの健康促進食物を使用しています。
果物と野菜が元来食べるべき食事を再現すると同時に、免疫・消化機能の強化に重要な役割を果たすビタミンB群、必須ミネラル、酵素などの保護作用のある栄養素を自然なかたちで供給します。

5. 健康を促進するハーブと消化酵素
犬と猫は自分の生命力を高める植物を本能的に選び摂ります。
オリジンに含まれるハーブはペットが元来選び摂る食事を再現しており、自然なかたちでペットの総体的な健康を促進します。
オリジンが使用している原産ハーブは獣医によって厳選されています。犬と猫の毎日の健康を促進する天然酸化防止剤として、またアレルギー皮膚炎、炎症性大腸炎、慢性肝炎といったペットにありがちな健康問題の緩和作用など、様々な役割をこれらのハーブは担っています。

オリジンの定義
 生物学的に適正/
  5つの相違点


犬が必要としている栄養
 犬は肉食動物
 肉食動物に適した食事

ペットフードの歴史
穀類それとも肉?
たんぱく質の重要さ
 たんぱく質の品質の目安
 たんぱく質の消化率
 アミノ酸構成
 たんぱく質と低温調理

健康のための高たんぱく
 高たんぱくドッグフード
  についてよくある質問

 犬と猫は高たんぱく食に
  適した体の構成

 腎臓の働き
 高たんぱく食は腎臓に
  影響しますか?

 栄養学が
  高たんぱく食を支持

 子犬について
 成犬について
 シニア犬について
 パフォーマンス犬

健康のための低炭水化物
 炭水化物がペットフード
  の品質に与える影響

 炭水化物がペットフード
  の消化率に与える影響

 炭水化物がペットの便質
  に与える影響

 エネルギー源としての
  炭水化物


トニックハーブと
プロバイオティクス
 トニックハーブとは?
 トニックハーブが
  総体的な健康を促進

 ハーブは自然の健康食
 プロバイオティクス

▲このページのトップへ   犬が必要としている栄養>>
引用:ACANA Family Japan Inc. /Orijen Site
オリジン ドッグフード
サービスポイント 送料無料
●お電話、FAXでのご注文も承っております。 詳しくは ≫≫ご注文方法 >>
FAX専用の注文用紙をご用意しています。プリントアウトしてご使用ください ≫≫FAX専用ご注文用紙 >>
  Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
会社概要特定商取引法による表示個人情報の取扱いお問い合せトップページ Copyright 2009 AppleDog All rights reserved.