愛犬の健康をお約束…穀物不使用ドッグフード専門店 Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
穀物不使用ドッグフード専門店【Apple Dog(アップルドッグ)】 犬本来の食事を詳しくご紹介しています
犬のために最善のドッグフードを! AppleDog(アップルドッグ)は愛犬の健康を考え、穀物不使用ドッグフードを厳選してお届けしています
穀物不使用のドッグフードとは
アレルギーの犬のための食事
シニア犬とたんぱく質
▼グリーントライプ缶詰
tripett 犬用缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
NUTRIPE 犬用缶詰一覧 >>
▼100%ピュアな肉の缶詰
“ PUR ” 犬用缶詰一覧 >>
▼100%新鮮野菜の缶詰
新鮮野菜の缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ
 ドライフード
(穀物不使用)
TRIPE DRY 商品一覧>>
▼ドライフード・缶詰フード
 
(穀物不使用)
ZiwiPeak 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
TimberWolf 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Orijen(オリジン)について
オリジン 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
ACANA(アカナ)について
アカナ 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Kia Ora 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)について
Fish4Dogs 商品一覧 >>
▼多機能サプリメント
ミッシングリンク・プラス
▼関節が気になる愛犬に
▼シニア犬が健康で活発に!
オリジンシニアをおすすめします

シニア犬とたんぱく質
私たちも、また犬たちも年を重ね、いずれはシニアと呼ばれる年齢になります。
シニア犬とは一般的に、小型犬・中型犬は7才から、大型犬・超大型犬は5〜6才からといわれますが、白い毛が少し増えた、以前より疲れやすくなったなどの兆しがみえたらそろそろシニアの仲間入りと考えた方がよいかも知れません。
写真のバセット・ハウンドはシニア犬と呼ぶには早過ぎますが、彼もいずれシニアになります。
もし、あなたの愛犬がパピーや若い成犬でも、まだ当分先の話とは思わないで、ぜひご一読ください。
あなたの愛犬が健康に、長生きできる重要なポイントがお分かりいただけます。
私たちの誰もが、愛犬が高齢になってもいつまでも健康で元気に暮らして欲しいと願っています。
反面、高齢犬になると病弱になり、足腰が弱くなり、そしていずれ歩くことさえ困難になるのではと覚悟をしているのではないでしょうか。

実はそうではありません。
適切な食事と運動、体重コントロール、適切なサプリメント、そして正しい獣医療があれば、すべての犬は高齢になっても、積極的に、そして活気に満ちた暮らしを営むことができます。

では
なぜ、犬が高齢になると、病弱になり、足腰が弱くなるなどといったことが、一般的に言われるのでしょうか。
それは、高齢犬に最善な栄養についての誤解が多いことにつきます。

シニア犬が必要としている栄養に合わせた特別食は数多く市販されていますが、
これらの特別食の多くが低たんぱく成分となっています。
私たちは愛犬がシニアになると、疑うことなくシニア用の低たんぱくフードに切り替えます。
そうすることが当然で、もちろん愛犬の健康のために良いと思っているからです。

シニア犬に、「低たんぱくの食事」を与える最も大きな理由は何でしょうか。
シニア犬に、このような「低たんぱくの食事」を与える最も大きな理由は何でしょうか。
●シニア犬は、若い成犬よりもたんぱく質を必要としないから。
●低たんぱく食はシニア犬の特に腎臓を保護するのに役立つから。
●シニア犬はあまり運動をしないので、
 たんぱく質を炭水化物に切り替えることが肥満予防になるから。
●炭水化物は低カロリー食でも犬に満腹感を与え、お腹が減りにくく食欲を抑えるから。

シニア犬に、「低たんぱくの食事」を与えることが間違いの原因です
真実は上記のいずれでもありません。
シニア犬に低たんぱくの食事を与える理由は何もありません。

最近の研究では、健康なシニア犬は、若くて健康な成犬よりも50%多めのたんぱく質を必要としていることが分かっています。

高齢犬になると病弱になり、足腰が弱くなり、そしていずれ歩くことさえ困難になる…
これはシニア犬用の「低たんぱくフード」が大きな原因といえます。

シニア犬は毎日の食事で多めのたんぱく質を摂取する必要があります
犬は歳を重ねていくにつれ、たんぱく質を代謝させる機能が低下していきます。
たんぱく質は引き締まった筋肉と全体的な健康の維持に欠かせません。
したがってシニア犬は毎日の食事で多めのたんぱく質を摂取する必要があります。

犬が十分なたんぱく質を吸収しない場合、窒素バランスが崩れてしまいます。
窒素バランスが崩れると代謝に必要なたんぱく質が食事から摂取できません。
すると体は足りないたんぱく質を補うために、筋肉からたんぱく質を取ることになります。
結果、筋肉が痩せ衰え、体重が落ちてたんぱく質欠乏を引き起こします。


軽度のたんぱく質の欠乏が大幅に免疫機能を損なうことがあります。

シニア犬とって、免疫機能の低下は感染症発症の増大やガンの発症、これまでには無かったアレルギー症状の発症などのリスクが高まります。

たんぱく質は貴重な栄養源で、免疫系、中枢神経系をサポートし、創傷治癒に貢献し、無駄のない筋肉を作るのに役立ちます。皮膚やコートの健康のためにも必要です。

また、たんぱく質の摂取が少ない犬はケガや感染症からのストレスをより多く受けやすくなります。

しかし、腎臓はどうでしょうか?
一般的によく言われる「低たんぱくの食事」は、
腎臓の負荷を軽減し、腎臓病からシニア犬を保護するでしょうか?

重要なのはたんぱく質の量ではなく、たんぱく質の品質です
シニア犬の食事のたんぱく質の量を抑えても、腎臓病予防にはなりません。
それどころか、老犬に与えるたんぱく質量を減らすことは有害にさえなります。

最近の研究結果から、腎臓病患者にとって重要なのはたんぱく質の量ではなく、たんぱく質の品質であることが分かっています。
また、高品質な高たんぱく食によって、腎臓の細菌を除去できることがわかっています。
さらに、その他の内臓にとって良い酸性状態を作り出すことが出来ます。この状態は尿路感染や犬のその他の体内細菌にとっても有益です。

※高品質たんぱく質とは、アミノ酸バランスに優れた肉、魚、全卵などの高品質の動物性たんぱく質を言います。「高品質の」とは「肉粉と骨粉」ではなく、肉、鶏肉、魚の主に筋肉や臓器組織のことです。ある種の肉粉はその加工過程から高品質とは見なされません。

高品質たんぱく質は消化率が高く、したがって副産物の窒素量も少なくなります。
ペットの腎臓に重大な問題(尿毒症など)があり、たんぱく質摂取量の調整を獣医に指示される場合を除いて、高たんぱく食は犬にとって健康的でナチュラルなものです。

犬とたんぱく質についての研究が、ジョージア大学や他の研究機関で過去15年間にわたって行われています。
その結果、たんぱく質が犬の腎臓を損傷しないことが証明され、また低たんぱくの食事は腎臓を保護しないことが証明されています。

詳しくは 
高たんぱく食は腎臓に影響しますか?  栄養学が高たんぱく食を支持

肝疾患にこそ高たんぱくの食事が必要です。
犬の肝機能を低下させる原因としては、ウイルスや細菌、他の疾患によるものなどや、カロリー不足、たんぱく質不足、ビタミン不足、炭水化物(糖質)過剰、基礎代謝が低い、運動不足、フードに含まれる有害物質、腸内環境が悪い、薬の服用、ノミ・ダニ駆除薬などが考えられます。

肝機能が低下した肝疾患の犬のために、過去には低たんぱくの食事が推奨され、現在でもなお肝臓病の療法食は低たんぱく食になっていますが、最近の研究では、高たんぱくの食事が健康な肝臓と肝臓の病気に必要で、低たんぱくの食事は犬に害を及ぼす可能性のあることがわかっています。

肝臓病の療法食が低たんぱく食である理由は、腸内でのアンモニアの発生量を減らし、肝性脳症の発症を防ぐことにあります。しかし、肝性脳症の心配が無い場合は、低たんぱく食は血中アルブミン濃度の低下を引き起こし、逆に状態を悪化させることがあります。
肝臓が悪い時こそ、たんぱく質をしっかりと摂取すべきです。たんぱく質が制限されるのは、肝性脳症が存在する場合のみといえます。

なお、肝臓病の療法食は「肝疾患に伴う高アンモニア血症」の犬のための食事になります。「肝疾患に伴う高アンモニア血症」とは肝硬変の末期、腹水などがある肝硬変を指します。肝臓病の療法食は、たんぱく質を制限するための低たんぱく食ですから、上記以外の犬に長期間にわたって食べさせるのは極めて危険です。少し肝機能が悪いからと肝臓病の療法食を与えるべきではありません。愛犬の健康を考えるなら、たとえ獣医師にすすめられたとしても断わるべきです。

シニア犬に、高品質な高たんぱくフードをおすすめします
低たんぱくの食事とは、言い換えれば高炭水化物の食事になります。
炭水化物は犬の体内でほとんど何の機能も果たしません。
血中でブドウ糖に素早く変わる糖分をエネルギーとして供給するのみです。
炭水化物含有量が多すぎると、すぐに体内脂肪となります。

また、高炭水化物の食事は関節炎の痛みを増加させるとともに炎症を悪化させます。また、肥満や消化不良、糖尿病などの医療問題を引き起こす可能性があります。

シニア犬に低たんぱく・高炭水化物食を与えるよりも、高品質な高たんぱく・低炭水化物食をおすすめします。

前述のように、シニア犬は低たんぱく食を必要とする古い神話はすでに覆されました。高齢犬は、たんぱく質の代謝効率が悪くなり、たんぱく質を供給するためより高いレベルのたんぱく質を必要とします。
シニア用フードにこだわる必要はありません。高齢犬は適度な脂肪やカロリーを持つ高たんぱく食を少ない量を食べることが最善です。それには高品質なオールライフステージ・フードで、フード・ローテーションをすることが最適です。

ご参考 
フード・ローテーションをおすすめする理由

シニア用フードを選ぶなら、愛犬が健康に長生きするために「オリジン シニア」をおすすめします!
オリジンドッグフード シニア犬は若い犬よりエネルギーを必要としていません。出来るだけ炭水化物量を抑えることによりインシュリン耐性を改善できます。

オリジン シニアは高品質高たんぱく・超低炭水化物、穀物不使用のドッグフードです。

さらに、オリジン シニアは天然カルシウムとリン、更に有機ミネラル、海産物から採れたグルコサミンとコンドロイチンを含有しており、シニア犬の運動能力をサポートします。
オリジン シニア

アレルギーが気になる、アレルギーを改善したい愛犬に、魚のドッグフードをおすすめします。
オールステージ オールステージ オールステージ オールステージ オールステージ オールステージ
オリジンドッグフード アカナ パシフィカ
フィッシュ4ドッグ
オーシャン
ホワイトフィッシュ

フィッシュ4ドッグ
サーモン
フィッシュ4ドッグ
スーペリア アダルト
オリジン
6 フィッシュ ドッグ

パシフィカ
(低アレルギー)
ティンバーウルフ
オーシャンブルー
アレルギーの犬にとって、ドッグフードの脂質は重要な意味を持ちます。牛肉や豚肉などに含まれる脂質は飽和脂肪酸と呼ばれるものですが、これらの肉の脂質を多く与えると、体の中で皮膚の炎症をひどくする物質が増えるため、症状は悪化します。おやつを与える場合も注意が必要です。

アレルギーの犬のためには、脂質の良い魚ベースのドッグフードをおすすめします
魚に含まれる脂質は不飽和脂肪酸で、オメガ3必須脂肪酸( α-リノレン酸・EPA・DHA)が含まれます。これらの必須脂肪酸は、体の中で皮膚の炎症をおさめる働きをします。

シニア犬におすすめする魚のドッグフードはすべてオールステージです。

シニア犬といっても食べるものは若い成犬の食べ物と比べて特に変えるべきものはありません。ただ、前述のように、シニア犬は若い犬よりエネルギーを必要としていません。給与量を目安にして、体重の増減に気を付けて、フードの量を調整してください。


私たちAppleDog(アップルドッグ)は、穀物不使用の肉食性の犬本来の正しい食事である、新鮮な肉を豊富に含む消化吸収の良い高たんぱく・低炭水化物のドッグフードをご提案しています。
生物学的に適正なドッグフードとは

アレルギーに配慮のドッグフード【フィッシュ4ドッグフード】

ZiwiPeak(ジーウィーピーク)ドッグフードについて



TRIPE DRY(トライプドライ)について

犬が泣いて喜ぶ! 犬の健康食“トライプ”って何?
サービスポイント 代引手数料無料 送料無料
●お電話、FAXでのご注文も承っております。 詳しくは ≫≫ご注文方法 >>
FAX専用の注文用紙をご用意しています。プリントアウトしてご使用ください ≫≫FAX専用ご注文用紙 >>
  Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
会社概要特定商取引法による表示個人情報の取扱いお問い合せトップページ Copyright 2009 AppleDog All rights reserved.