愛犬の健康をお約束…穀物不使用ドッグフード専門店 Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
穀物不使用ドッグフード専門店【Apple Dog(アップルドッグ)】
ACANA(アカナ)はカナダ産の高品質で新鮮な原材料のみを使った世界最上級のドッグフードです。
穀物不使用のドッグフード
アレルギーの犬のための食事
シニア犬とたんぱく質
▼ドライフード(穀物不使用)
アカナ 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
オリジン ドッグフード
オリジン 商品一覧 >>
▼ドライフード(穀物不使用)
TimberWolf 商品一覧>>
▼グリーントライプ
 ドライフード
(穀物不使用)
TRIPE DRY 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
Kia Ora 商品一覧>>
▼ドライフード(穀物不使用)
魚のドッグフード
Fish4Dogs 商品一覧 >>
▼ドライフード・缶詰フード
 
(穀物不使用)
ZiwiPeak 商品一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
tripett 犬用缶詰一覧 >>
▼グリーントライプ缶詰
愛犬の健康のために
NUTRIPE 犬用缶詰一覧 >>
▼100%ピュアな肉の缶詰
“ PUR ” 犬用缶詰一覧 >>
▼100%新鮮野菜の缶詰
新鮮野菜の缶詰一覧 >>
▼多機能サプリメント
ミッシングリンク・プラス
▼関節が気になる愛犬に
▼シニア犬が健康で活発に!
オリジンシニアをおすすめします

アカナについて
アカナは、Orijen(オリジン)と同じカナダ・アルバータ州にあるチャンピンペットフーズ社が製造しているペットフード・ブランドで、アカナ、そしてオリジンはチャンピオンペットフーズ社の家族経営の自社工場(受賞暦あり)で製造されています。

アカナは、Orijen(オリジン)の「生物学的に適正なペットフード」というコンセプトは同じで、犬が本来食べるべき食事を再現しています。

チャンピオンペットフーズ社の工場はアルバータ州の草原の中心部に位置します。アルバータ州は肥沃な土地で生産される数多くの高品質農産物や、きれいな北部湖で捕獲される魚で有名です。

また、
チャンピオンペットフーズ社では、製造過程のあらゆるポイントで安全管理を行う HACCP (ハサップ) システムを導入しています。
HACCP(ハサップ)システムについて
HACCP(ハサップ)とは、NASA(米国航空宇宙局)が、安全な宇宙食を作る目的で開発した厳しい安全管理プログラムのことで、食品を製造・加工する上で、安全性を確保するための最も有効なシステムです。
HACCPにより、原料から加工までのそれぞれの段階で安全管理を行い、微生物的、化学的及び物理的危害の発生を未然に防ぐことが可能となります。
HACCPシステムにより、アカナ、オリジンでの食品事故は限りなくゼロに近いといえます。


ACANA アカナの6つのポイント >>

アカナの特徴
肉含有量の高さ
犬と猫は本来、肉をベースにした食事を摂るよう体の構造が出来ています。
アカナ製品はカナダ食品検査庁の認定を受けた鶏肉、サーモン、あるいは羊肉を成分の最高60%に使用、他社製品の中でも群を抜いた肉含有量を誇っています。

低炭水化物
炭水化物を多く含む食事は犬と猫の消化管の疾病、肥満、糖尿病といった様々な健康問題の原因となります。他社スーパープレミアム製品の殆どと比べて、アカナ製品に含まれる炭水化物の量は大変低くなっています。この低炭水化物成分構成が引き締まった筋肉の形成、健康状態の向上を促進します。

全体のバランスが取れた成分構成
果物、野菜、植物が健康促進の上で重要な植物由来科学栄養素と天然酸化防止剤になります。アカナ製品にはマリゴールド、昆布、クランベリー、チコリー、ニンジンなどが含まれています。

アルバータ州の牧草農地産、世界最高品質の原材料使用
世界最高品質のペットフードを作るためには、最高品質の原材料を使わなくてはなりません。そして、カナダの農場で生産される新鮮な農産物ほど品質が高い原材料は他にはありません。アカナ製品には穀類で育った鶏肉、新鮮卵、ポテトなど数多くのアルバータ産原材料を使用しております。

穀類不使用
穀類などの炭水化物は肉食動物の犬にとって消化が困難で、炭水化物としてもたんぱく質としても栄養価は低く、アカナ グレインフリー・ドッグフードでは穀類は使っておりません。
野生の時にしても現在のペットとして親しまれている犬と猫にとっても、生物学的に非常に少ない量の炭水化物しか必要としない肉食動物です。
また特に、
小麦、トウモロコシ、グルテンは犬と猫のアレルギー源になる可能性があり、ペットフードの原材料として好ましくありません。アカナは犬と猫の消化管を保護し健康に保つために、小麦、トウモロコシ、グルテンは一切使用しておりません。

なぜグルテン不使用なのか
ペットフードに使用されている原材料中、小麦が最もアレルギー性が高く、消化率が最も低いとされているからです。小麦の最大の欠点は、そのグルテン含有量の高さにあります。
犬と猫は小麦グルテンを適切に消化するための消化酵素を持っていません。
犬によっては小麦グルテン(アルブミン、グロブリン、グルテニン)を摂取することによって胃や皮膚にアレルギー反応を起こします。小麦摂取により、よく起こりうる副作用として皮膚や毛並みが悪くなる、耳感染、肉球を噛む、などの症状があげられます。

なぜトウモロコシ不使用なのか?
ペットフードの原材料として見ると小麦よりは優れていますが、トウモロコシについても栄養士や獣医によって次のことが指摘されています。

・消化に悪い
・栄養価値が低い
・ボクサーなど、特定の犬にとってアレルギー源である

グルテンは大変消化しにくい原材料
小麦やトウモロコシのグルテンは、安価なたんぱく質源としてペットフードに多用されています。グルテンは食物アレルギー、消化管の不調、皮膚炎などの原因としてよくあげられます。犬と猫は植物性たんぱく質ではなく、肉たんぱく質を摂取・消化する体の構造を持っています。植物性たんぱく質が持つアミノ酸構成では、犬と猫が必要とするアミノ酸をすべてカバーすることが出来ません。グルテンと大豆は肉食の犬と猫にとって大変消化しにくい原材料です。

品質の違い
市販のペットフードの原材料をよくお読みください。スーパープレミアムと名付けられている他社製品の多くが小麦、トウモロコシ、グルテンを使用しています。これらの原材料は安価ではありますが、ペットフードのたんぱく質や炭水化物の原材料として好ましくありません。

高品質の肉を原材料に多く使用
最高70%という肉含有量の高さ
牛や羊などの草食動物、は植物を消化するのに適切な体の構造を持っています。しかし、犬と猫は違います。犬と猫は肉食で、胃を始点とした短い消化機能と肉の分解に適切な酵素を持っています。

他社製品の多くが肉含有量(最低25%)と低いのに比べ、アカナ製品は最高 70%という肉含有量を誇っております。植物性たんぱく質が持つアミノ酸構成では、犬と猫が必要とするアミノ酸をすべてカバーすることが出来ません。

犬にとって肉含有量が高ければ高いほど良い
犬と猫は草食ではなく、肉食です。従って肉含有量が高ければ高いほど、犬と猫にとっては良いということになります。アカナ製品は成分の最高 70% に人間用食材の肉原材料を使用しております。
原材料の最初に肉と表示されていても、肉が成分中一番多い原材料とは限りません。
「新鮮」肉には相当量の水分が含まれているからです。
原材料表示の最初の5つに3つ以上の穀類が表示されているペットフードは避けるべきです。

肉たんぱく質? 植物性たんぱく質?
ペットの飼い主がペットフードを選ぶ際、たんぱく質量に気をつける場合が多いですが、実際はたんぱく質の原料が何かということの方が重要です。
たんぱく質の原料には 2 つあります。それは肉と植物です。
犬と猫にとって肉は完全なたんぱく質ですが、植物は不完全なたんぱく質です。
完全か不完全かはたんぱく質に含まれるアミノ酸構成によって決まります。

肉たんぱく質
肉たんぱく質は犬と猫に必要なアミノ酸を全て含んでいます。
肉たんぱく質は犬と猫にとって消化率が大変高く(90%以上)、原材料としての質も高いものです。ペットフードの品質を知るためには、鶏肉、魚、あるいは卵たんぱく質の含有量の高さが一番重要な目安となります。

植物性たんぱく質
ペットフードで最もよく使われる植物性たんぱく質は小麦、トウモロコシ、グルテン、そして大豆です。原材料をよく注意して読みましょう。植物性たんぱく質は肉たんぱく質より安価ではありますが、肉に比べて消化率が最低45%と大変劣っています。

たんぱく質の消化率
卵白 100%
鶏肉と魚 90%
牛乳とチーズ 85%
トウモロコシ 64%
小麦 54%

低炭水化物
炭水化物はペットフードの品質に大きな影響を与えます
ペットフードを選ぶ際に、たんぱく質に気をつけますが、実際はペットフードの品質を見極める最大のポイントは炭水化物です。
野生の犬と猫が食べるものには、炭水化物が殆ど含まれません。AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)は、犬と猫は毎日の食事に炭水化物を全く必要としていない、としています。
しかし、市販されているペットフードの大半は成分の40%から70%に炭水化物を使用しています。

なぜ市販されているペットフードには大量の炭水化物が使用されているものが多いのか?
炭水化物は肉原材料よりも大変安価です。炭水化物は最も安価なエネルギー源です。
小麦やトウモロコシといった炭水化物は世界中どこでも簡単に入手できる原材料です。
炭水化物を含有することによりペットフードの粒の精製が簡単になり、また保管期間も延長出来ます。

炭水化物が引き起こす健康問題
昨今、獣医やコンパニオンアニマル栄養士など専門家の多くが、犬と猫の病気の主な原因は炭水化物であると指摘しています。市販のペットフードのエネルギー源として最もよく使用されているのが炭水化物です。また、炭水化物は体内ですぐにブドウ糖に変換されます。
炭水化物は低血糖症を引き起こすと同時に血糖値を不安定にします。
穀類を主な原材料としたペットフードを犬や猫に与えると、炭水化物の必要摂取量を超えてしまいます。結果、体内酵素がすばやく反応して、炭水化物に含まれる余分なブドウ糖を脂肪として貯蓄します。 肥満、消化不良、糖尿病その他の健康問題は、多々として炭水化物の多量摂取によるものです 。

炭水化物は少ないほど良い
押し出し加工されたペットフードは全て、ある程度の炭水化物を含みます。しかし、アカナ製品の炭水化物含有量は他社製品と比べても最も低いうちの 1 つで、溶解性(消化可能)な炭水化物を成分の30%以下におさえています。

品質の違いは低炭水化物にあります
ペットとして飼われる犬や猫の食事を考える際、野生の犬や猫が食べるものが最も近いお手本となります。野生の犬や猫は炭水化物を殆ど摂りません。従って、犬と猫にとっては高たんぱく低炭水化物、肉を主な原材料とした食事が最適であることは当然なのです。

全体のバランスが取れた成分構成
最も健康的なかたちのビタミン、ミネラル、植物由来栄養素
免疫力と健康の向上に重要な役割を果たすビタミンB、ミネラル、酵素といった保護作用のある栄養素として、アカナ製品は果物、野菜、植物を使用しております。
犬と猫は自らの生命力を高める植物を本能的に選び摂ります。これらの植物は栄養価が高く、身体のトータル的な健康を促進するという重要な役割があります。
アカナ製品に使用されている果物、野菜、植物はビタミンとミネラルを豊富に含み、酸化防止剤としての保護作用があります。果物、野菜、植物に含まれるカロチノイドとフラボノイドが、強力な酸化防止剤また抗がん剤となります。

なぜ果物、野菜、植物を含んだ成分構成なのか?
果物、野菜、植物には植物由来栄養素が含まれています。これはビタミンやミネラルとは別の自然栄養素で、栄養価値を高め、犬や猫の生命力を向上する強力な天然酸化防止剤となります

世界最高品質の原材料
正しく始める−最高品質のフードを作るには、最高品質の原材料を使用するべきです。
世界最高品質のペットフードを作るためには、最高品質の原材料を使わなくてはなりません。そして、カナダの農場で生産される新鮮な農産物以上に品質が高い原材料はありません。

カナダ生まれ、カナダ育ち
チャンピオンペットフーズ社はアルバータ州の中心に居を構えております。
この立地条件の良さが、カナダ西部の肥沃な農地で生産される最高品質の原材料を入手することを可能にしています。アカナ製品の原材料中最高90%がカナダ西部で生産されています。
アカナ製品に使用されている肉原材料はカナダ食品検査庁の獣医検査、認定を受けています。市販されているペットフードの大半と違い、アカナ製品はカナダ西部で生産された新鮮な原材料を小型かまどで製造しています。アカナ製品は小麦やトウモロコシといった安価な原材料を使用しておりません。

安全保証された品質
人間用として適さない食べ物をペットに与えるべきではありません。食品の安全性を保証するため、また、一貫した栄養の提供を行うために、アカナ製品に使われている原材料は肉、脂肪、風味料など全て、人間用食材として保証されております。

▲ページトップへ

生物学的に適正なドッグフードとは
オリジン ドッグフード
サービスポイント 送料無料
●お電話、FAXでのご注文も承っております。 詳しくは ≫≫ご注文方法 >>
FAX専用の注文用紙をご用意しています。プリントアウトしてご使用ください ≫≫FAX専用ご注文用紙 >>
  Apple Dog(アップルドッグ)ホームへ
会社概要特定商取引法による表示個人情報の取扱いお問い合せトップページ Copyright 2009 AppleDog All rights reserved.